きらきらネームは自粛!

誰でも、子供には考えられる限りの素晴らしい名前を付けてあげたいと考えるものです。その思いが高まり、世間からは突拍子もない!とびっくりされるような命名をしてしまう人もいます。しかし、きらきらネームは他人からの扱かわれ方が変わったり、与える心象に影響があるとも言われています。子供のことを考えるならば、将来を見越してきらきらネームは自粛し、読みやすく、万人に好印象を与える名前を付けるのがベストでしょう。

人前で呼んで恥ずかしくない名前!

名前は、家族や友達に呼ばれるだけでなく、学校や病院などの公共の場では、フルネームで呼ばれることも少なくありません。そのため、フルネームで呼ばれても、恥ずかしくない響きの名前をつけることが大切です。名前だけ見れば普通でも、苗字と合わせて呼ぶことによって変な意味合いを持ったり、笑われるような語呂合わせになる命名は避けましょう。どんな状況においても、自信を持って名乗れる名前を付けてあげたいものですよね。

親戚の子供とかぶらない!

親戚に同じ年ごろの子供がいる場合は、名前が被らないように注意する必要があります。毎年トレンドの名前があり、それらの名前は命名される確率が高くなりますよね。苗字が同じだと、響きが良いなどの理由で、同じ名前を選んでしまうこともありそうです。知らずにつけてしまうと、親戚の集まりなどで、どちらが呼ばれているのかややこしくなりますよね。遠い親戚は良いとしても、近い親戚の子供の名前を把握して、それらの名前以外から命名をするのが無難でしょう。

命名とは人や物等から他と区別出来るように名前をつける行為です。人の場合、戸籍法上の出生の届出によって定められます。