中世ヨーロッパの街並みを残した街!花の都パリ

フランス旅行と言えばやはり首都のパリは外せないですよね。パリは街自体が中世ヨーロッパの造りを忠実に残しており、中世ヨーロッパを肌で感じることが出来る街なんです。またパリは年間外国人観光客数世界一を誇っている、まさに観光の街なんですよ。見どころはとにかく多く、エッフェル塔や凱旋門、ルーブル美術館など一日観光に当ててもとても全てまわることは出来ないんですよ。でもパリだけに何日も観光に当てることが出来る人は少ないですよね。その為事前に自分はどこを観光したいか、ピックアップしておくといいですよ。

豪華絢爛の数々!ベルサイユ宮殿

ベルサイユ宮殿はあの有名なマリーアントワネットが愛した宮殿ということでも有名な、フランスでも指折りの観光名所ですよね。またパリから20キロ程度しか離れていないので、比較的行きやすい場所にあるんですよ。ベルサイユ宮殿の最大の魅力は、何と言っても贅の限りを尽くした豪華絢爛の数々ですよね。また入場料も日本円で5000円ほどと、比較的リーズナブルな値段で入場できるのも魅力の一つです。ただとにかく人が多く、特に鏡の間はスリが多いんです。その為スリには十分注意して見学するようにしてくださいね。

フランスの世界遺産!モン・サン・ミッシェル

フランスの観光名所の一つであるモン・サン・ミッシェルは、その美しさから世界遺産にも認定されたほどです。モン・サン・ミッシェルはもともと修道院だったんですよ。その為院内には礼拝堂などがあります。ただ結構階段が多いので、その点はある程度覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。また門をくぐったすぐのところには、土産もの屋やレストランが並んでいます。ここで有名なのは、やはりオムレツですね。これでもかっというくらい泡立てて作るオムレツは、モン・サン・ミッシェルの名物なんですよ。足を運んだ際にはぜひオムレツの味を堪能してみてくださいね。

モンサンミッシェルとはフランスのサン・マロ湾に浮かぶ小さな島と修道院で、ユネスコの世界遺産に登録されています。